利用例

動態管理

NSW-MaaSプラットフォームでは位置情報に加えて、移動/休憩/荷受といった動態管理のためのステータスを記録することが可能です。 また機能拡張することで、スマホアプリで撮影したエビデンス画像や車両走行距離などを位置情報と併せて記録し、帳票形式のWEBページで表示することも可能です。

ユーザ(運転手など)向けのスマートフォンアプリ「GUIDE LINER Lite」をアプリストアで提供しています。 ユーザのスマホやハンディターミナルにインストールして、アプリから簡単操作でステータス(移動/休憩など)を記録できます。管理者は記録されたデータをWEBブラウザで確認できます。

スマホアプリの機能概要

ステータス変更時の位置と時間の記録

ステータスは、業務開始/終了・移動・荷受/荷卸・休憩・滞留があり、ボタンをタップして切り替え

位置情報の自動記録


ステータスの自動変更

一定の期間と範囲のときは「滞留」、一定範囲外になったときは「移動」に自動変更

管理画面でできること

現在地地図表示

スマホ(運転手など)の最新の位置を地図に表示

移動履歴地図表示

指定したスマホの移動履歴を地図表示

ステータス履歴地図表示

スマホのステータス(運転/休憩など)の地図表示

CSV形式ファイル出力

移動履歴やステータス履歴をCSV形式ファイルに出力
動態管理ソリューション「GUIDE LINER Lite」はこちら 〉

配車アプリへの利用(位置情報の一時共有)

タクシーなどの配車では、運転手がお客さまの場所がわかりにくいケースや、お客さまが車両がどのあたりまで来ているかを知りたいケースがあります。NSW-MaaSプラットフォームを利用することで、一時的に相互に場所がわかる仕組みを提供することが可能です。

相手方の位置がわかることで、お客さまはあとどのくらいで到着するか、車両側はどこに向かえばよいか、が視覚的にわかります。また、位置情報が相互にわかることで、住所がわかりにくい場所(出先や公園など)にも、配車することができます。

位置情報を共有している間のみ、一時的に配車者料とお客さまとの間のコミュニケーションをとる仕組みの構築が可能です

巡回警備員の位置監視

NSW-MaaSプラットフォームの地図表示では、通常の屋外の地図だけでなくビルの屋内の地図(構内地図、フロアマップなど)の表示も対応しています。例えば警備員がスマートフォンを携帯してビルや工場を巡回する際にスマホアプリで位置情報を収集し、屋外の移動はGoogleマップで、建屋内の移動はフロアマップ(画像)で表示できます。

巡回警備では警備員が不測の事態(事故や傷病など)に陥る可能性があります。スマホアプリで警備員の位置情報を監視し、一定時間動かない場合や落下を検知(スマホの加速度センサー利用)したときは、管理者にアラーム通知するなどのソリューションの構築も可能です。

工場内の走行車両の移動記録(構内地図の表示)

NSW-MaaSプラットフォームの地図表示では、通常の屋外の地図だけでなく、農園や工場内の地図(構内地図、フロアマップなど)の表示も対応しています。例えばフォークリフトにタブレットや位置情報が収集でき通信できるモジュールを取り付け、工場内をどのように移動しているかの情報を収集して工場内の地図上に表示できます。

収集した位置履歴から車両の使用状況を分析できますので、車両運用の見直しなどにご活用いただけます。

・走行時間 ・停車時間 ・積載場所への移動回数、など

グループ内の位置共有

NSW-MaaSプラットフォームを利用することで、同じグループ内のメンバ間で相互に場所がわかる仕組みを提供することが可能です。旅行中や移動中など特定の期間のみ同行者と位置を共有したり、保護者が子どもを見守るために子どもの位置情報を共有したりできます。

グループ内でのユーザ相互の位置共有

全員がグループ内のメンバの位置を相互に参照可能

管理者によるグループ内ユーザの参照

管理者(保護者など)が、グループのメンバ(子どもなど)の位置を参照可能。メンバは管理者や他メンバの位置は参照不可